HOME  >> 導入事例  >> 重工業分野


重工業分野


東武製鉄 セアベスチール

東武製鉄

顧客のビジネス環境

東部製鉄は、韓国東部グループの中核会社の一つとして、1967年に冷延鋼板を生産して以来、様々な地域の工場を介して熱延鋼板、冷延鋼板など年間約400万トン規模の様々な鉄鋼製品を生産しています。

冷延鋼板部門は、1999年の世界の鉄鋼業界で初めて、原料投入から製品出荷までの全工程を完全自動化した、牙山湾工場の竣工を機に、世界最高の競争力を確保しました。東部製鉄の電気炉製鉄工場は、高炉能力比では投資額を抑えて建設されておりCO2排出量とエネルギー消費量を大幅に減らしただけでなく、高い経営効率と生産性を確保した未来型の製鉄所として脚光を浴びています。

東部製鉄は、銑鉄を溶かして熱延鋼板の冷延鋼板まで一貫生産する一貫製鉄会社として位置づけられており、"競争力世界一の製鉄会社"を目指して力強く飛躍しています。


導入の背景と目的

顧客はデパートの買い物と同じように完成品の在庫一覧表の東部製鉄の鉄鋼製品を選別購入する特性があります。このような需要特性が東部製鉄経営のリスク発生のきっかけとなりました。つまり、不確実な情報による予測で原料および完成品の提供と在庫が増加することにより、不良在庫が顕在化していました。また、頻繁な計画変更と物流変更により、生産と物流管理の複雑さが増加していました。したがって、不必要な操業コストが増大するとともに、製品の品質低下を招いていました。

東部製鉄は市場で生き残るためには顧客中心のプロセスを再設計、それに基づいたシステム基盤の迅速かつ正確な意思決定をすることが必要と判断しました。

これに対する解決策として東部製鉄は、 "生産座席予約方法論(Production Seat Reservation Methodology)"を業務に適用しようとしましたが、これは、飛行機の座席予約制のように航空券を予約すると、窓口のスタッフが即座に航空券を発券することと同じ概念です。つまり、顧客の注文に対して"生産座席"を確認して決まっ時間内に注文の約束をするシステムを実装しようとしました。


適用効果

需要予測、納期返信、統合マスタープランと詳細スケジューリング領域にザイオネックスのSCMソリューションが適用され実行されることにより、東部製鉄は原料、生産能力を考慮した生産座席制を実施、生産、販売および購入計画の同期システムを確立しました。原在料の事前準備システム構築を通じ顧客納期を約束システムを一段階アップグレード、月単位の計画システムを週単位の管理体制に変更し、リードタイムを短くすることができました。在庫処理優先の仕組みを確立し、適正な在庫管理システムを構築しました。また、ATP(Available to Promise)システムを実装することで需要家の購入依頼についてすみやかに納品可能な日程を返信、確定された順序どおりに生産計画が滞りなく行われるようにして在庫の画期的な削減を達成しました。材料/在庫/再版レベルが52%減少し、顧客に5分以内に回答する体制が確立されており平均出荷のリードタイムは48%減少しました。

image

TOPへ


セアベスチール

顧客のビジネス環境

1937年に関東機械製作所として創立されたセアベスチール(SeAH Be Steel)は、自動車や機械産業のための特殊鋼、大型鍛造品、自動車部品などを製造する特殊鋼の専門企業です。今後は海外での高級特殊鋼市場向けをさらに拡大し、原子力発電、化学プラントや大規模な産業機械に使われる大型鍛造事業を通じてさらに成長、発展しようとしています。セアベスチールは"信頼できる企業"、"原則を重視する会社"として、徹底した顧客中心経営の下、より良い顧客価値を実現する "グローバルリーディング特殊鋼の専門企業"になろうとしています。


導入の背景と目的

セアベスチールは、多品種少量生産方式に適していながら、急速に変化する顧客の注文に対応するために、機敏に生産計画を策定することができる営業・生産の統合型SCMシステムを構築しようとしました。

SCMシステム導入前、セアベスチールの販売および生産関連部門は、様々な困難を経験していました。納期遵守率が低く、納期の回答を適時に行うことができず、工程別能力に割り当てることが非常に困難でした。また、Excelなどを使用した手作業により全社レベルの統合計画を策定することが脆弱でした。需要の変化に関する情報共有が適切に行われていないだけでなく、変更された工程計画の作成が柔軟に対応していないなど多くの困難を経験していました。

SCMシステムの構築を通じた達成重要な目標は全部で4項目としました。最初に顧客対応のリードタイム短縮、二番目に計画リードタイム短縮、三度目の全体プロセスの最適化を考慮した工場別生産計画、最終的に在庫コストの削減、設備の可用性の向上と従業員の配置換えを最小限に抑えました。


適用効果

SCP(Supply Chain Planning)システムを構築したセアベスチールは企業の内部および外部の主体間のコラボレーションの効率が増加するため製造移行率は約90%向上、出荷移行率は約80%の向上が実現し、タイムリーな配送(オンタイムデリバリー)率は従来比約90%上昇しました。これに伴い原材料の在庫日数は従来比約7日削減、製品の在庫日数は約5日削減することができました。また、サプライチェーン上の資源の効率的活用と不必要な資源の浪費の要素を削除し、お客様の緊急オーダー受付とオーダー変更への柔軟な対応が可能になりました。また安定した生産計画が可能になり、顧客の納期遵守率が上昇することにより、生産計画サイクルは日単位で作成できるようになりました。

image

TOPへ

導入事例
ハイテク産業
化学分野
重工業分野
プロジェクトベース
一般消費者向け