HOME  >> 導入事例  >> 一般消費者向け


一般消費者向け


ユハン・キンバリー ノムシン

ユハン・キンバリー

顧客のビジネス環境

Yuhan-Kimberlyは、グローバル生活用品の企業である米国Kimberly Clark社と韓国のユーハン洋行社が合弁で1970年に設立した企業で、幼児?女性?家庭の衛生用品と浴場・ボディケアビジネスビジネスをしています。ベビーおむつブランドのハギス(Huggies)、トイレットペーパーのクリネックス(Kleenex)など世界的に認められた製品群を提供しています。


導入の背景と目的

Yuhan-Kimberlyの既存の需要予測、販売計画業務は、Excelを活用した手作業で行われていたため、様々な運用上の非効率が発生していました。標準化されないまま需要予測が行なわれ、手作業による販売計画が策定されていました。また実現性に乏しい生産計画が策定されることにより、計画部門では必要な情報を再構成するのに多くの時間がかかり、関連部署間のコミュニケーションの難しさに直面していました。

これらの問題を改善しようとYuhan-Kimberlyは、次のように主なSCM領域ごとの改善目標を導出しました。マーケティングでは、SKU(Stock Keeping Unit)national level dataの月間予測を行い、営業部門では、選別された商品の週間予測と金額を入力後、数量切り替えと分配との統合作業を改善しようとしました。 SCM部門は、価格と数量に予測および計画情報を分析し、体系的なS&OP会議システムが有効になるようしました。経営陣のためには、予測(forecasting)の品質を向上させ、SCM領域別の様々な検索ができるように監視システムを構成しようとしました。


適用効果

システムの観点から見ると、まず、需要予測領域では、システムの持っている指数平滑法(Exponential Smoothing)、移動平均法(Moving Average)のような様々な需要予測モデルを適用して、最適な数値を提示することにより、迅速に使用可能な需要予測値を確保することにしました。また、最近の販売状況の値をリアルタイムで営業部門に提供することで、需要予測の精度を向上させ効果を達成しており、aggregation(集約)とDisaggregation(分解)機能を活用することにより、上位と下位レベルのユニットが相互に連携するように予測の品質を向上させしました。

構築されたシステム内での販売計画の領域では、月間販売計画の週間販売計画を一つのシステムで管理できるようになり、両方の計画間の相互連動して計画の精度を改善しました。また、計画対実績の比較を監視することができ、計画策定に必要な様々なデータを同時に参照できるようにしました。

image

TOPへ


ノムシン

顧客のビジネス環境

1965年ロッテ工業を母体として設立された農心(ノムシン)は辛ラーメン、チャパゲティ、エビセンなどラーメン、スナック菓子、飲料などの食品企業です。主力事業であるスナック菓子のほか、ミネラルウォーター、「ウェルチ」ジュースなどの飲料事業に進出し、パンやハムなどの加工食品の分野で活発に事業領域を拡大してます。米国、アジア、欧州市場など世界80カ国に輸出し、グローバル企業としての地位を固めています。


導入の背景と目的

農心は、 "食品業界のトヨタに"というビジョンの下に強力な体質の変化を追求し、経営革新の主要な戦略部門として営業、生産、購買、物流領域を総合的に改革することを目指しました。既存の農心の運営計画に関し主な問題点としては、総売上高の向上を目標の中心とする営業活動が行われており、取引先や協力会社と連携したSCMのオペレーティングシステム確立が不十分な状況でした。また、合理的かつ明確なリード管理ポリシーなどが不足していました。その結果、過剰在庫が発生、製品の流通日数の長期化が顕在化し、流通在庫の把握も的確には行われていませんでした。また、生産計画も頻繁に変更され、納期と品質面で材料需給が不安定な状態におかれていました。

物流管理領域での主な問題点としては、洗練された物流計画が不十分で輸送リードタイムを長くしていました。そして、計画と実績の比較の管理も不十分で、製品ごとの物流費の管理が迅速かつ合理的に行われていませんでした。これにより、積載時間が遅れることが多く、輸送の遅延による製品の欠品率が高止まりしていました。それだけではなく未配送や誤送などが頻発して配送サービスに対する顧客からの不満が高まっていました。

購買管理システムの面では、購入基準の情報管理が不十分でサプライヤーとの情報共有が正しくありませんでした。また、資材の標準化と共用化率が低く、購入のQCD(Quality、Cost、Delivery)管理も不足していました。その結果、不要素材が過大発生するようになり、材料の入荷遅れや資材の不足が頻繁に発生しました。このため、製造原価に占める材料費の割合が相対的に高く、企業として看過できない負担となっていました。


適用効果

ザイオネックスで行われた農心に対するSCMソリューションのプロジェクトは、本社と工場間の有機的な業務連携に基づいて、需要計画と実需を把握、工場での素材在庫の状況を反映した生産計画、在庫補充計画や輸送計画を策定することを目的として行われました。

短期需要予測と中長期需要予測のためにザイオネックスのT3Demandモジュールが適用されました。補足輸送や工場の割り当ておよび中長期生産計画を運用するためにT3SupplyNetモジュールが構築・運用されましたが、これらの計画を策定する上で輸送トラックの台数、安定した在庫管理体制、工場における包装工程の能力、生産工程における従業員の能力と主な材料の制約などが把握されました。最終的にはT3Scheduleモジュールで週間および日々の生産計画や半製品の生産計画を運用することができるようになり、製造ライン別の生産能力、生産工程における従業員の能力と配置換え等を検討しました。

image

TOPへ

導入事例
ハイテク産業
化学分野
重工業分野
プロジェクトベース
一般消費者向け