HOME  >> よくある質問 >> SCM基本


SCM基本


1.1 SC(Supply Chain)とは?

SC(Supply Chain)

原材料が完成品として最終的に消費されるまでに関係する協力企業や取引先と繋がる部分を統合する製造業全体のプロセスを意味します。
■Supplier
   - 顧客に渡る最終完成品を生産する為に必要な中間部品や資材を製造業者に供給し
     ます。
■Manufacturer
   - 供給業者から資源や資材を購買し、顧客に販売する最終完成品を生産します。
■Distribution
   - 最終完成品を取得し、顧客に至るまでの全般的な物の流れを担当します。
■Customer
   - 商品を購買する消費者を意味します。

image

TOPへ


1.2 SCM(Supply Chain Management)とは?

サプライチェーン管理(Supply Chain management)

顧客に製品とサービスを提供するために必要な業務とプロセス全てを効果的かつ効率的に設計、構築、オペレーションすることを意味します。

サプライチェーン管理の詳細(Supply Chain management)

サプライチェーンには原材料供給業者、製造業社、流通業者、最終消費者などが存在し、各企業は特定のサプライチェーンの中で自身の役割を担います。サプライチェーンの形は製品や産業によって多少異なりますが、どの場合も各企業が個々に努力するだけではサプライチェーン全体の効率化を計ることはできません。
そこで重要になるのが、サプライチェーン全体を一つの統合された固体と見なし、これを最適化させるマネジメントする考え方で、これをサプライチェーン管理(SCM: supply chain management)と呼ぶようになりました。
ここで情報を共有させ最適化させるSupply Chainについてもう一度考えて見ましょう。まず、製造業社 (manufacturing)には部品調達部署 (procurement)があり、販売部署 (sales)があり、製品生産部署 (manufacturing)があり、運搬部署(transportation)があり、これを全般的に管理し企画オペレーションする部署があります。
ここに「製品、部品、資材などを供給する提供者」(supplier)を含んだinbound SCMだけではなく製造分野を離れ製品を購入する顧客(Customer)を含むoutbound SCMが存在します。つまり、supply chain managementとはinboundとoutbound、全体を合理化する事を意味します。

image

TOPへ


1.3 SCM(Supply Chain Management)でカバーする業務領域は?

SCMの範囲

supply chain managementの範囲は過去のMRP、ERPなどがカバー出来なかった生産計画に必要な様々な制約要因(資材供給、設備能力、Multi-Plant など)を踏まえて顧客の需要を予測し、営業/生産/購買/物流に至るまでの、協力業者を含めた最適なサプライチェーンの計画策定の業務を対象とします。

image

TOPへ


1.4 APSとは、どういうものですか? MRPやMRPUとどう違うのですか?

What is APS?


APSの定義

APS(Advanced Planning & Scheduling)とは既存のMRP、JIT、ERPなどの生産計画立案方式から進歩した方式で工程能力と可用資材、半製品在庫、WIP情報などを同時に考慮して生産計画を立てる方式を意味します。SCM システムは APS方式を利用して計画を立てます。

生産計画の立案方式の比較
APS 適用前の生産計立案方式 (MRP II)

- 顧客からのオーダー/需要予測数量を計算します。
- MPS(Master Production Schedule)を作成する事で完成品ごとに必要な数量を計
   算します。
- RCCP(Rough Cut Capacity Plan)を立案し、全体の生産工程に大きな影響を与え
   る設備/資源などをチェックし、大まかな見通しを立てます。
- 実行不可能な計画の場合は、MPSをもう一度作成し直す事になります。
- 実行可能な計画の場合は、MRP(Material Requirement Plan)を展開します。
- MRPの展開後、CRP(Capacity Requirement Plan)を実行し、全ての資源/設備に
   対する可用性の是非をチェックします。
- CRPの後、実行不可能な計画を立ててしまうと MPSをもう一度作成し直すことに
   なります。
- CRPの後、実行可能な計画が立てられれば最終生産計画を発行出来ます。


APS 適用後の生産計画立案方式

APSでは、顧客の注文(需要)を受けて、資材や工場やライン単位の能力など複数の制約を一度に処理します。さらにT3SupplyNetでは、複数の制約条件(What-If)を置いたシミュレーションが可能なので、これらの結果を関係組織で評価し、最適な計画を選択することが可能です。

image

TOPへ

よくある質問
SCM基本
T3について