HOME  >> よくある質問 >> T3について


t3series


2.1 T3Seriesとはどんなソリューションですか?

T3Seriesとは?

T3独自のAPSエンジンを核として、国内外に拠点をもつ企業の「供給と需要」のオペレーションを最適化し、中長期の利益を予測するS&OPソリューションです。様々な制約条件にもとづくシミュレーション(What-Ifシミュレーション)により、市場の変化にすばやく対応可能な計画を策定するまた限りあるリソースを効率よく利用するなど、オペレーション費用の軽減を計るとともに、 間接費も考慮した利益計画も支援します。
T3Seriesは、需要予測・販売計画管理を行うT3Demand、独自のシミュレーションエンジンを持った供給計画・需給調整を支援するT3SupplyNet、また工場の生産スケジューリングを行うT3schedule、基幹システムの実績も含め計画の結果や、KPI評価をビジュアルに可視化するT3S&OPと4つの核となるモジュールと、オプションエンジンとで構成されています。

image

TOPへ


2.2 ERPなど、他システムとの連携はどのようになりますか?

他システム連携

■連携方式
   - 基幹システムのデータベースと、メタデータベースを通して連携します。
■連携データ
   - インプットデータ
     ・基幹システムが持つ組織や製品・部品表、資源の能力などの基本となるマスタ
        ーデータ及び販売・在庫など実績データを利用します。
     ・過去の販売実績は、需要予測や販売計画に利用します。
     ・現在庫・安全在庫や調達品の入荷予定は、資源の能力などは生産・購買計画の
        制約となるとともに、変更してシミュレーションのパラメータとして利用しま
        す。
   - アウトプットデータ
     ・最終化した計画データを実際の生産指示、資材発注などへ連携します。
     ・T3で作成された資材所要量、生産計画数、出荷予定数などを直接または加工
        して、基幹システムで利用します。

image

TOPへ

よくある質問
SCM基本
T3について