HOME  >> 会社情報  >> 取締役紹介


取締役紹介

リュウ・ドンシク

・米国MITにて工学博士を取得し2年間の研究生活を経て、
   米国ボストンで技術業務の専門会社であるMIJI Consultingにて
   ITコンサルティングに従事
・韓国の国策研究機関であるKIST(KIST Korea Institiute of
    Science and Technologhy)に勤務、ザイオネックスの前身で
   あるInformation Factory社を設立
・現在、ザイオネックスのCEOとして全般的な運営を担当、積極的
   な経営を実行している



イム・ホンウクク

・米国MITにて博士号を取得後、大手CRM会社の米国の
   MicroStrategy社でコンサルタントとして勤務し、データウエア
   ハウスやOLAPなどの企業向けデータ解析を経験
・その後、SCMソフトウェア企業である米国のi2 Technologiesの
   Project Leaderとして、米国IBMなど、Fortune 100企業のサプ
   ライチェーンを構築
・現在は、ザイオネックスの新規ビジネス領域を開拓し、ソリュー
   ションの保守を統括する役員兼創業メンバーである



 バン・コンドン

・米国MITにて博士号を取得後、MIT CAD Laboratoryで同僚たち
   とともに協業インフラプロジェクトをスタートし、現在のザイオ
   ネックス製品T3Seriesの基盤となる協業インフラを開発
・韓国内で唯一DOME(Distributed Object-based Modeling
   Environment)の分野の権威者であり、最先端の人工知能の技術
   と運用方法を構築
・ザイオネックス株式会社の設立前には韓国の国策研究機関である
   KIST(KIST Korea Institiute of Science and Technologhy)
   から電子製品開発プロセスの部品の標準化と最適化プロジェクトの進捗状況、イン
   ターネットを利用した企業間コラボレーションシステムの重要なポイントである文
   書配信システムの研究を行う
・現在はザイオネックスの技術的ビジョンを実行させ、全体的なソリューションの開
   発を統括する製品開発役員兼創業メンバーである



藤原玲子

・上智大学卒業後、外資系大手コンピュータメーカを経て、約15年
   間、製造業向け情報システム及び生産管理システムの開発および
   コンサルティングに従事
・2004年以降は、大手外資系コンサルティングファームにて製造
   メーカを中心にIT戦略/企画、業務プロセス改善、業務設計、実行
   支援のコンサルティングを行った
・2010年、ザイオネックス日本法人の前進であるコムネクスト株
   式会社に参画し、大手自動車部品サプライヤ向けのIT戦略、PLM/
   基幹システムの構築をリードしてきた
・2013年 8月 ザイオネックス日本法人 代表取締役就任



堀義人

・京都大学工学部卒、住友商事を経て、ハーバード大学経営大学院
   修士課程修了(MBA)、1992年株式会社グロービス設立、グロ
   ービス、日本最大のMBAスクールに育て上げた
・1996年グロービス・キャピタル、1999年 エイパックス・グロー
   ビス・パートナーズ(現:グロービス・キャピタル・パートナー
   ズ)設立
・2006年4月、グロービス経営大学院大学を開学学長に就任し、現
   在日本最大のMBAスクールに育て上げた
・若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur's Organization 現EO)日本初代会
   長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだ
   New Asian Leaders日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード
(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事等を務める
・2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設



TOPへ

会社情報
会社概要
ご挨拶
取締役紹介
沿革
採用情報
T3パートナー一覧