HOME  >> 事業領域  >> 製品概要 -PLM領域


PLM領域

設計開発プロジェクトプラットフォーム
「Dynamic Task Manager (ダイナミックタスクマネージャ)」


Open Source PLM "Aras Innovator" をプラットフォームとしたプロジェクトマネジメントのアドオンソフトウエア“DTM(Dynamic Task manager)”を提供しております。
“DTM(Dynamic Task manager)”とは、製品企画から設計開発・試作など量産前のプロセスや受注生産型の設計生産・設置など、国や組織横断で進められるプロセスをプロジェクトとして捉え、計画や進捗・リソース負荷・コストなどを管理するとともに、タスクにおける成果物や技術情報の共有、調達・承認依頼などのオペレーションを支援する統合管理基盤です。


お客様が抱える課題

■ 製品の開発や生産が国内外の離れた拠点で行われるようになり、各拠点同士の
  連携が課題。また、スケジュールや進捗、課題をみた最適な全体計画の策定や
  調整を行うのが難しい。
■ 各国の工場により能力やコスト、物流リードタイムが異なるが、これらを勘案
  した適切な開発・設計のアサインや調達先の決定ができていない。
■ 案件の計画策定時に、同時に進行する他の案件のリソースのアサイン状況が
■ 仕様書などのインプット資料や成果物が、案件や業務に紐ついて保管されて
  おらず、設計業務履歴が追えない。
  また、類似製品の開発の際の技術情報検索や、市場で不具合が発生した際の
  トレースに手間取っている。
■ 開発や設計の予算とコストが的確に把握できていない。

TOPへ


t3demand

■ 異なる組織や離れた場所からも、Webを通してスケジュールやお互いのタスク
  と進捗を確認できます。またどこでどのような課題が発生しているかその状態
  と、後続タスクへのインプットとなる情報を共有できます。
■ T3のリソースシミュレーション機能を利用することで、プロジェクトを進める
  にあたってのリソースや物流手段の様々な制約を勘案したスケジュールを策定
  することができます。
■ スケジュールの日程とともにタスクのアサインされたリソースの負荷をリソース
  グラフで確認することができます。
■ スケジュールの日程とともにタスクのアサインされたリソー
  スの負荷をリソースグラフで確認することができます。
■ 作業者がタスクの完了とともにまたタスクで作成する成果物を登録することで、
  これらの関連情報が保管され、その紐付き関係を検索することができます。
■ あらかじめリソースのコストを登録しタスクのタイムレコードを記録させるこ
  とで、設計開発に関わったコスト実績を管理できます。
  またT3のシミュレーション機能を利用することで、計画時に予想されるコスト
  や、開発予算に対する際などを予測することが可能です。

image

TOPへ



Aras Innovatorについて

Aras Innovatorはオープンソースで、ライセンスフリーのPLM(Product Lifecycle Management)です。 BOM管理、CADデータ管理はもちろん、設計変更管理や構成管理などPLMとしての様々なテンプレートとなる アプリケーション機能を備えており、米国、欧州、アジアのグローバルの400以上のグローバル企業で運用されています 。

Arasのエンタープライズ オープンソースPLMは無償で自由にダウンロードして利用することができます。 初期コストを最小限に抑え、ユーザによる拡張や他システムとの連携も可能です。年単位のサブスクリプションフィーをお支払いいただくことで、技術的なサポートや ソフトウエアのUpdateなどのサービスをご提供いたします。

Aras Innovatorのもつ、柔軟なで拡張性の高いフレームワークを利用することにより、製品開発において必須となる 技術データの管理とともに、プロジェクトにおけるタスクとリソースの管理、異なる組織のコラボレーションが可能になります 。

aras
Aras Innovatorについてはこちら


TOPへ