ニュース&イベント

2023/10/17 リリース

SaaS型SCMサービス「PlanNEL」が、販売実績のない新商品の需要予測をサポートする新機能をリリース。

ザイオネックス株式会社(本社:中央区、代表取締役:藤原 玲子、以下ザイオネックス)は、SaaS型SCMサービス「PlanNEL(プランネル)」に、販売実績のない新商品の需要予測をサポートする新機能をリリースしたことをお知らせいたします。

需要予測の画面

<新商品における需要予測機能をリリースした背景>

多くの製造・販売メーカーでは、ビジネスを拡大するにあたり、安定した収益をもたらす定番商品だけでなく、新たな売上を生み出す新商品の開発・販売にも力を入れています。

しかし、販売実績の無いまたは短期間の実績しか無い新商品においては、担当者の経験や勘を頼りにした需要予測・発注業務が行われており、その結果、過剰な在庫を抱えたり、逆に在庫不足による欠品のリスクが発生したりと、市場予測が難しいのが現状です。

そこで、PlanNELでは、類似商品の販売実績データに担当者が重み付けを行なうことで、新商品における仮想の販売実績データを作成し、このデータをもとに需要予測に活用する機能をリリースいたしました。

複数の類似品に加重値を与える画面

<新商品における需要予測機能でできること>

販売実績がある類似商品のデータに担当者が重み付けを行ない、重みをつけた比率に応じて需要予測に使用するデータを作成し、このデータをもとに需要予測を行ないます。

作成された需要予測は、PlanNELの管理画面上で容易に確認・修正することができ、製販調整会議や需給調整会議などの社内会議で利用することで、社内の共通認識の需要予測データを作成・管理することができます。

新商品の需要予測実施の流れは以下の通りです。

  1. 仮想の販売実績を作成する新商品を選択
  2. 需要予測を作成する期間を選択
  3. 参照データとする過去に販売実績ある類似商品(1商品または複数商品)を選択
  4. 計算方法を「合計(選択した類似商品の販売実績の合計値を使用)」または「平均(選択した類似商品の販売実績の平均値を使用)」から選択
  5. 加重値(選択した類似商品に対してのパーセント)を入力して、重み付けを実施
  6. 作成された需要予測データをもとに、製販調整会議や需給調整会議を行い、需要予測データを確定する

ザイオネックスでは、ユーザー企業さまからのお声を反映したSaaS型SCMサービス「PlanNEL」のプロダクト開発を進め、中小企業の皆さまがサプライチェーンマネジメントを容易に実現できるように支援して参ります。

■SaaS型SCMサービス「PlanNEL」について

PlanNELは、300社以上のグローバル企業にご利用いただいているサプライチェーン・ソフトウェアを元に、中堅・中小の製造業、卸売業、流通業向けに開発したサプライチェーン・マネジメントサービスです。

需要計画、最適在庫計画、これらを元にした発注計画の機能があり、機能ごとに段階的に導入いただくことも可能です。

  • 2024/07/17 イベント・セミナー
    【7/26日(金)開催】ものづくりDXフォーラム2024夏に出展いたします
    2024/07/03 お知らせ
    【8/6(火)開催】はじめて学ぶ AI需要予測の活用方法解説セミナー
    2024/06/24 お知らせ
    【7/17(水)開催】経営の意思決定を早めるための「SCM」のあり方と実現方法を学ぶセミナー